除去の方法と費用の相場

看護師

手段と費用を比べて選ぼう

美容整形外科でいぼを取り除く施術を受ける場合は、いくつかの選択肢が考えられます。現在の主流はレーザーによる除去で、体への負担が少なく、早くキレイに除去できるため人気の手法となっています。基本的に使われるのは炭酸ガスレーザーですが、ヘモグロビンに吸収されるLP-YAGレーザーというものもあります。これは赤い色素に吸収されやすい波長で、首や腕などにできる老人性血管腫などの赤いいぼを除去するのに適しています。費用相場はいずれも1個5,000〜10,000円からですが、いぼが大きいと照射範囲も大きくなるので、費用は高くなるのが一般的です。レーザー以外には電気メスを使用する電気分解法や高周波による電気凝固法があり、こちらは大きめのものや根が深いものの除去に採用されます。費用相場は1個10,000円からで、こちらも大きさや範囲によって値段が高くなる場合があります。かなりサイズが大きいものは、メスで周囲を切開して取り除き、縫合する手術が選択されます。一度で完全に取り除けますし、縫合したとしてもその部位を避ければ翌日から洗顔もメイクも可能です。大きさにもよりますが、手術時間もさほどかかりませんし、大掛かりな手術にはならないのが一般的なので心配する必要はないでしょう。縫合した場合には後日抜糸が必要ですが、3ヵ月から半年くらいで痕がわからないくらいに回復するのが一般的です。費用相場は30,000〜50,000円からですが、こちらも大きさや根の深さによって価格が高くなる場合もあります。いぼの除去手術を受ける美容整形外科を選ぶなら、いぼに詳しい専門の医師がいるクリニックが安心です。皮膚から飛び出している突起物がいぼですが、出来る原因はウイルスの場合もあれば、加齢や遺伝の場合もあります。原因はもちろん、できている場所や大きさによって最適な除去方法も変わる場合がありますので、事前カウンセリングで丁寧に診察してくれるところを選びましょう。わからないことや不安な点をしっかり聞いてくれる担当医師なら安心です。現在のところ、美容整形外科で選択される除去方法の主流はレーザーです。レーザーで患部をくり抜くように焼却しますが、患者側の負担が少なく、それだけに回復も早い方法として推奨されています。使われる機器にも種類がありますので、最新の機器が揃っている技術の高いクリニックを選ぶと良いでしょう。レーザー治療では幹部に麻酔をしますので、施術時の痛みもほとんどないですし、出血もほとんどありません。肌に痕が残りにくく、液体窒素治療のように長い期間通院する必要もないので人気を集めています。レーザー治療は自由診療ですが、施術回数が少なくて済むことを考えれば、費用もさほど高くはないでしょう。サイズによっては電気メスを使った手術になりますが、こちらもそこまで負担の大きい施術ではありません。縫合を必要とするレベルの手術でも、数分で終了するのが一般的です。どのような手段が最適なのか、回復までどれくらいかかるのか、不明点は丁寧に説明してくれるのが良いクリニックの基準です。費用やリスクについてきちんと納得できるところを選びましょう。また、同じ施術の症例数が多い実績のある担当医師だと安心です。